想像もしていなかった 事業企画と商品開発


本部 CRMマーケティング・商品開発担当(2012年入社)

長山 早月

セラピストから商品開発、事業企画への転身

私は元々モンサンミッシェル事業部にセラピストとして入社しました。香りを使って人を癒すことも元気にすることもできるアロマというものに興味をもち、JEAでアロマテラピーを学んだのがきっかけです。セラピストは技術職なので、ずっと成長していくことが出来るというのも魅力的でした。

現在はセラピストではなく、大きく分けて2つの業務に携わっています。一つ目は売上の改善や顧客満足度を上げるための戦略を立てる仕事で、顧客管理のアプリケーションを使いながら店舗の売上の傾向や顧客の動向を分析しています。

二つ目はPB商品やOEM商品の開発で、サンリツ自慢の精油を使った商品を社内外に提案しています。どちらの業務もサンリツの全事業部・社外の様々な企業の方の支えによって成り立っていると実感する日々です。

楽ではないからこそのやりがいと充実感

商品開発をしていますので、やはり自分が手掛けた商品が形になり、店頭に並んでいるときは本当に嬉しいです。OEM商品でも、納品した先のお客様からの発注ペースが早いと、人気があるのだなと嬉しくなります。最近は社外の人にサンリツの精油を紹介する機会も多いのですが、「良い香り!」と驚かれる度に誇らしい気持ちになります。

また私は時短勤務で働いているので、幸か不幸か残業が一切出来ません。それでも忙しいときは業務が溜まっていきますし、締切も迫ってきます。
・やらなければならないことの優先順位をハッキリ決めて、タスクを整理すること。
・自分の伝えたいことを簡潔に分かりやすく相手に伝えること。
・相手が伝えようとしていることにしっかりと耳を傾け、本質を掴むこと。

この3つが自然に意識できるようになり、随分と効率的に仕事が出来るようになりました。 時短勤務だからと区別せず、責任のある業務を任せてくれたサンリツだからこそ、身についたスキルなのかなと思っています。

サンリツの強み、自身の強み

サンリツのスタッフはみんな、お客様第一で、ホスピタリティに溢れているなと感じます。やはりみんなセラピスト気質なようで、どうすれば目の前のお客様が満足してくれるのかを常に考えています。 ただお客様が喜んでくれるならば、という意識がとても高いので、利益を度外視してしまうことも度々なのですが…。このバランスを取っていくことが、企業としての強みになるのだと考えています。 私はセラピストから裏方に回り、産休育休を経て現在の業務を担っています。子育てと仕事の両立は本当に大変で悩むことも多いですが、どちらも全力で取り組み続けたいと思っています。 特にマーケティングはまだまだ勉強中ですが、進化し続ける分野なので日々アップデートは欠かさずにいたいと思います。余裕ができたら、しばらく遠ざかっているランニングを再開して、いつかまたフルマラソンに挑戦したいです。 サンリツはセラピストに限らず、色んな得意分野を持っている人を必要としています。私はこんなことが出来ます!と存分にアピールしていただいて、ぜひ得意を伸ばす仕事に就いて欲しいと思います。