仕事を通じて得られた 興味と資格、そして成長


ジャパンエコールデアロマテラピー 事業部長(2004年入社)

福井 周子

「アロマセラピーってどんなもの?」から始まった

おそらく、他のスタッフとは異なりますが、アロマセラピーというものがどんなものなのかも一切わからない状態で入社しました。
たまたま縁があって飛び込んだ世界でしたが、入社後に講師の方々や周囲のスタッフに色々と教えてもらう機会も多く、スクールの運営というポジションにありながら、次第にアロマに対する興味が強くなっていったのを覚えています。

その後、目の前に学べる環境があるのに学ばないのは勿体ないと、勤務をしながらスクールに通い始め、IFPAの資格を取得しました。
入社当時は、そこまでの興味を持つとは思ってもいませんでしたが、仕事を通じて強く興味を持てるものが見つかり、資格まで取得し、同時に業務に繋げていけたというのは、振り返ってみるとすごく恵まれていたんだと思いますし、サンリツという会社に出会えたことは、自分にとって凄くラッキーだったと思います。

現在は、スクール運営の責任者として運営業務全般に携わっていますが、運営していく上で大きなモチベーションとなっているのは、やはり生徒様の笑顔です。
自身の道を選択し、夢に向かって学び、日々努力を重ねるシーンに立ち合いそして、卒業後の就職や開業など、様々な分野で夢を実現していかれる生徒様に寄り添い、一緒に泣いたり、笑ったりと、人生における大きな選択を行う場面を身近でサポートできるというのは大きなやりがいになっています。

常に自己ベストを更新していきたい

サンリツという会社は、距離が近いというのがひとつの特徴。
スタッフ間の距離が近いのはもちろんですが、ただフレンドリーであるというわけではなく、それぞれが自分の業務に対する責任感が強く、前向きにアイデアを出し合い、チャレンジしているというのは、会社としても大きなプラスだと思います。
上司と部下の関係性を見ても同じことが言えると思いますが、スタッフ間で生まれたアイデアを活かす前提で話ができるので、チャレンジしたい、進めたいという前向きな想いを持って取り組まれる方には最高の職場だと思います。

サンリツで気付かせてもらった、コミュニケーションの大切さ、チームワーク、人を思いやる気持ち。そして、様々なチャレンジを通じて感じることができた人としての成長。これらは私にとって本当に大きな財産だと言えます。
今後は、さらに経験を積み、マネジメント力・営業力を高めると同時に、再現性を追求し、常に良い成績が出せるように日々自己ベストを更新していきたいと思います。
そして、自分自身が経験してきたことを活かし、周囲の仲間と共に成長を計っていきたいと思います