いろいろな業務を経験したからこそ 得られたもの


ジャパンエコールデアロマテラピー 講師(2003年入社)

増田 好美

アロマセラピストを目指して

私の場合は、元々アロマセラピストを目指しており、JEAで学んだのがサンリツ入社のきっかけでした。JEAで学んだアロマの素晴らしさと気持ちよさに感動し、将来はこの体験を人に提供できるようになりたいと思いました。今思えば王道のパターンだったかもしれませんね。

入社後は様々な業務を経験しました。もちろん慣れるまでは辛いこともありましたが、それぞれの業務を通していろいろなことを学びました。
アロマセラピーや解剖生理学の知識はもちろんのこと、アロマトリートメントやクイックボディケアの洗練された技術等々。

中でも、お客様や生徒様だけでなく社内のスタッフまで、誰にでも理解しやすく分かってもらえるように伝えたり教えたりする力は、それまであまり意識してこなかったことなので、改めて振り返ってみると自分でも成長したなぁと感じます。

サービスを提供する側にまわってみて

モンサンミッシェルを担当していたときは、お客様の身体が楽になって笑顔で帰って行かれる姿を見たときが当然うれしい瞬間でしたが、インストラクターになった後は、サロンスタッフが手技を習得、上達して喜んでいたり、お客様に喜んでもらったという報告を聞いたときなどは本当にうれしかったです。

その後、講師になってからは、生徒様からアロマセラピーを学ぶのが楽しいという感想をいただいたり、卒業後にアロマセラピーのお仕事を始めたと聞いた時なども、本当にこの仕事をしていてよかったと感じる瞬間です。

今後は講師として、まだ担当していない授業ができるように知識や技術を上げていきたいのと、純粋にセラピストとしてアロマ以外の知識や技術も習得していきたいと思っています。

これからアロマセラピストを目指す方に向けて

アロマセラピストとしての仕事は、アロマの知識や技術の力だけでなく、コンサルテーション力や接客力など、多様な力を身に着ける必要があるやりがいのある仕事です。
その点でサンリツは、知識と技術以外にも自分の努力次第でいろいろな成長が得られる会社だと思います。お客様に喜んでいただけるようなセラピーを提供できるセラピストを目指していただければと思います。