アロマを通して見る将来の自分


モンサンミッシェル クリスタ長堀店 セラピスト(2014年入社)

阪口 祐香

サンリツにしかないもの

セラピストという職業を選択したときに、何よりもまずアロマの香りの品質と豊富さ、さらにマタニティ期のお客様を受け入れているという点がサンリツを選ぶ決め手になりました。また他の会社と比較したときの充実した研修制度や福利厚生、給与が月給制であったことなども決め手となった理由です。

仕事で得られる達成感は何事にも代えがたい

施術中はお客様と一対一で向き合うことになりますが、当然お客様によって求めることが様々で、洞察力の重要性をとても感じていますし、意識してお客様のお気持ちを汲み取れるように努力しています。
アロマも身体も正解が一つではありません。それだけに大変だと感じることも多いですが、セラピスト歴が何年だろうと関係なく学びがあることは非常に自分の勉強になっていますし、施術後にお客様の表情が和らいでいたときの「よし!やった!」という達成感は何事にも代えがたいものです。
また対お客様だけではなく、店舗全体をトラブルなく、効率よく運営していくためにはチームワークとバランス感が重要になってきますが、自分の考えと役回りがバチっとはまったときにはとてもやりがいを感じます。

これまでと、これからと

一緒に働く仲間は前職が様々なためか、それぞれ得意分野が異なり、セラピストによってカラーが出ているのが面白くもあり、刺激にもなります。ただ、みんな目指すことは似ていますし、やってみたいことを何でも賛同して試させてもらえる環境なので、ともに切磋琢磨できていると思います。
またこれは私だけではなくサンリツで働く全員が思っていることじゃないかと思うのですが、サンリツのどの店舗で働いても、確かな技術だけでなく、カウンセリング力も間違いなく身につくと思います。セラピストとしての土台をきっちり学べる環境がここにはあります。
今後は、これまで学んだアロマの知識や技術を身近な人や日常生活に活かせていけたら楽しいだろうな、と思います。また、少し大きな話にはなってしまいますが、日本ではまだまだアロマ自体の認知や活用が進んでいないと思うので、介護や病院などの分野、教育現場にも広まっていったらすごく楽しい世界になるなーと思っています。少しでもアロマの分野で貢献できるよう、これからもがんばっていきたいと思います。